財布と旅する社長のブログとは?

革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』オリックス・バファローズ VS 福岡ソフトバンクホークス戦観戦記 in 京セラドーム大阪 その2(林社長始球式〜5回終了まで)

財布と旅する社長です。

京セラドーム大阪で開催されている、革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』オリックス・バファローズ VS 福岡ソフトバンクホークス の試合をリアルタイムで更新しております。

https://prewallet.net/event/cocomeisterorixhawks/

ちなみに、僕の試合前勝利予想は、オリックス勝利です。ここ最近の東浜の調子た、金子千尋の調子、そしてチーム状況を考えると妥当かなと。

あと、随所に出てくる影は、僕が持参しているココマイスターの長財布です(笑)

ココマイスターの社長・林さんの始球式

ココマイスター大阪心斎橋店の店長・丸山さんからの花束贈呈。ワクワクしてきますねー!

その様子は映像でもご覧いただけます。


そして、ココマイスターの社長、林さんの始球式が。結構いい球投げてました!100kmくらいは出てたのでは?!

さあ、映像で確認してみよう!

早速試合開始!!

1回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


ホークスの2番、明石がフォアボールで出塁。出塁し、3番中村晃。


中村晃まフォアボールで出塁したので、これでワンナウト一、二塁。ここ最近チャンスでいいとこなしなので、ここで点を取っておきたい。


4番内側も続き、ワンナウト満塁。これはチャンス!


しかし、5番長谷川はセカンドライナーダブルプレー。ホークス得点ならず。ここ最近の調子を表すかのような攻撃ですね。結局もらったチャンスを生かし切れず。

1回裏:オリックス・バファローズの攻撃


ホークス先発は東浜巨。ここ3試合11失点の不甲斐ないピッチングが続いているので、挽回なるか?


1番安達を打ち取る。初回から球速表示146kmをマークしているので、かなり調子がいいらしい。悪い時は130km代を連発でしたからね。


順調にツーアウトを取るも、糸井フォアボールで・T-岡田ヒットでツーアウト一、三塁。

5番、モレルの打球はライト前方にフラフラと上がるも、ファースト内川がなんとか追いついてこの回オリックスも無得点。今日は膠着しそうな雰囲気ですなー。

2回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


二回表。ワンナウト後、福田がヒットで出塁。


金子千尋、ここまでで既に39球。このペースでいけば、ノックアウトされなければ5回〜6回くらいで降板か。


福田選手盗塁成功。ワンナウト2塁で今宮。しかき今宮はフォアボール。今日の金子千尋はどう見ても本調子ではないので、ホークスとしてはここで叩いておきたいところだが…。


細川送りバントで、ツーアウト二、三塁。ギータに回る。


柳田、レフトオーバーのタイムリーツーベースヒットでホークス先制。2点先取!

にしても、追い込んでからツーベースヒット打たれるとは、やはり今日の金子千尋はらしくない。

2回裏:オリックス・バファローズの攻撃


しかし、オリックスもチャンス!サード松田のエラーも重なりワンアウト二、三塁。


ショートゴロの間にオリックスも一点を返す。なおもツーアウト三塁。試合はまだ分からない!


が、オリックス安達選手三振。一点差まで迫るも追いつけず。

3回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


逆にホークス、三回表に3番中村晃のヒットでチャンス。しかし、5番長谷川がことごとく打てない。2013年に最多安打のタイトルとってからパッとしないですなー。

6番松田、いいあたりもセカンド西野の好守備により、無得点で終了。

3回裏:オリックス・バファローズの攻撃

3回裏、ツーアウトをサクサク取るも、T-岡田の打球が細川捕手を直撃。細川捕手、悶絶。


治療が長引き心配されましたが、5分後に細川捕手、戻ってきました。その後T-岡田三振で3回終了。

 

3回裏終了時:オリックスバファローズ 1 -2 福岡ソフトバンクホークス

4回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


新しい相棒、ココマイスターの小銭入れ”マルティーニクラブコインパース”も出演。


福田盗塁成功。チャンスで先制タイムリーの柳田に回る。


しかし、柳田フォアボールでピンチは続く。


金子千尋、4回表で既に80球を超える。


金子千尋、なんとか踏ん張り2番明石を三振に切ってとる。あっぷあっぷな金子千尋を、調子の悪いホークスが、助けている印象ですね。

4回裏:オリックス・バファローズの攻撃


4回裏、ツーストライクと追い込みながら、伊藤光にセンター前ヒット。オリックスとしては同点のチャンス。


ホークス東浜巨、9番小島を打ち取るも、ボテボテの内野安打。ツーアウト満塁。一打逆転の可能性を残しつつ、1番安達。オリックスとしては、糸井・T-岡田に次いでいいバッターに回る。


しかしこのチャンスに安達、セカンドゴロに。両チームを象徴するかのように、チャンスを潰していきますねー。ワンチャンスを制するものが勝者となりそう。

5回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


5回表、この試合初めての三者凡退。そのくらい今日の試合は荒れ模様で荒れない感じです(笑)

5回裏:オリックス・バファローズの攻撃


糸井vs.東浜巨。糸井がセカンド強襲ヒットにより、ワンアウト一塁でT-岡田。1発出れば逆転の場面。
ここで糸井に盗塁を許し、ピンチが広がる!T-岡田をファーストゴロに討ち取り、その間糸井は三塁に。

しかし、5番モレルはセカンドゴロ。東浜巨、ピンチをしのぐ!

5回裏終了時:オリックスバファローズ 1-2 福岡ソフトバンクホークス


5回終了後のグラウンド整備。整備するのは、カーコンビニ倶楽部?!

⇒ 革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』その3(6回表〜試合終了まで)に続く

https://prewallet.net/event/cocomeisterorixhawks3/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です