財布と旅する社長のブログとは?

ロンドンブライドル・グラディアトゥール(ココマイスターの長財布・No,1人気シリーズ)を買ってみた

財布と旅する社長です。

今回は、ココマイスターの長財布の中でも人気No,1を誇るシリーズ”ロンドンブライドル”シリーズの、「ロンドンブライドル・グラディアトゥール」という長財布を購入したので、その報告と使用感・感想をお伝えします。

 

※1分の動画バージョンもあります。

目次

ロンドンブライドルシリーズの購入の決め手となった3大特徴

僕が、ロンドンブライドルシリーズ購入の決め手となった理由は、実は3つあります。

それは…

  1. 見た目のかっこよさ
  2. 表面の革と、内側に使われている革がそれぞれ違うという、こだわり
  3. 100万円入るスペースが有ること

の3つです。

1,見た目のかっこよさ

この、男心をくすぐりまくる見た目ッ!!

「カッコいい」の一言につきます。

特に、この表面の”傷”が、味を出していますよね。かっこよさを引き立てているというか。

この見た目に惚れたのが、正直かなり大きいです。

2,表面の革と、内側に使われている革がそれぞれ違うというこだわり

”ロンドンブライドルシリーズ”は、表面で使われている革と、内側で使われている革が全く別物なんです。

これは、ココマイスター以外のブランドのみならず、ココマイスターの財布の中でもオンリーワンの性質です。

表面の革には、ココマイスターの中でも人気シリーズ”ブライドルシリーズ”の革が。

内側の革には、ココマイスターの中でも人気シリーズ”マットーネシリーズ”の革が使われています。

 

表面の”ブライドル”の革は、光沢があり、硬いことが特徴です。叩くと「コンコンコン」と音がするくらい、硬めの革に仕上がっています。

対象的に、内側の”マットーネ”の革は、柔らかさと経年変化の早さが特徴。

 

本当に、対象的な革を選んでいるんですよね。

両方共人気シリーズのため、ココマイスターファンもロンドンブライドルシリーズの登場には驚いたもんです。

3,100万円入るスペースが有ること

そして最後に「100万円入るスペースが有ること」です。

社長は見た!お金持ちが持っている財布の特徴7つをまとめてみた。実際に真似したら数百万円収入が増えました。』でも書きましたが

社長は見た!お金持ちが持っている財布の特徴7つをまとめてみた。実際に真似したら数百万円収入が増えました。

お金持ちの財布には4つの特徴があって、その一つが「100万円入る財布を持っていて、実際に100万円入っている」ことでした。

 

なので、本当に100万円入れるか入れないか?は別として、「100万円入るスペースは確保しておきたい」と思っていたんです。

だからこそ、100万円しっかり入るであろう”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”は、僕にとって最高の一品だったんです。

 

ちなみに…僕は、本当は”ロンドンブライドル・スプレッドイーグル”という長財布が良かったのですが…

ココマイスターの長財布・ロンドンブライドル・スプレッドイーグル

マチがなく、あまり容量がなかったので断念しました。

もし、100万円入れたいなんて願望もなく、なおかつ小銭入れも別に持っているという場合は、薄く利用できる”ロンドンブライドル・スプレッドイーグル”も検討候補として入れてもいいかもしれませんね。

早速、ココマイスターのサイトで”ロンドンブライドル・グラディアトゥール(ブルースネイビー)”注文してみた

ということで、早速注文してみました。

 

ちなみに、僕が選んだ色は、”ブルースネイビー”です。

 

注文すると、以下の2通のメールが届きます。

 

その翌日、以下のメールが届きました。

 

このメールが届いてから程なくして、ヤマト運輸経由で発送した旨のメールが届きます。

そして、注文から2日後…

届きましたーーーー!!!!

ココマイスターの箱の表面には、

ドライバーの皆様へ

お客様の大切なお荷物をいつも丁寧に運んで頂き、ありがとうございます。

心を込めてお届けする商品です。お取り扱いには十分にお気をつけくださいませ。

という文字がかかれています。

このあたりの配慮も、さすがだなーといつも思いますね。

こんな遊び心も、ココマイスターの素敵なところ。

いざ、ロンドンブライドル・グラディアトゥールの開封儀式

さあ、早速ですがいざ開封!!

しっかり梱包してくださっています。いつもありがとうございます。

 

梱包材を取ると、オシャレな箱が出てきます。

 

この箱、いつも捨てるのがもったいないって思うくらい、カッコいいんですよねー。

なので、結構箱が溜まってたりします(笑)

 

そして、箱を開けると…さらに巾着袋に包まれた財布がお目見えします。

 

そして…ご対面ッ!!!ロンドンブライドル・グラディアトゥールの、ブルースネイビー色です。

この、傷がカッコいいですよねえ。個人的に、白くて大きく付いた傷の部分、好きです。

 

こちらが反対側。両面で、傷のつき方がぜんぜん違うんですよねー。

なので、1つで2度美味しい。表面の革と、内側の革が違うので、1つで3つ美味しいかな?

 

ファスナー付きの大容量。男性は、ファスナー付きはうれしいですよね。

 

そして、ファスナーを開けてみる。おお、ちゃんと中身にまで配慮が行き届いている。

さらに、色も表面とは違うんですよねー。

 

ということで、中はこんな感じです。結構入りそうですよねー。

後ほど、中身を入れた状態をお見せしますね。

 

こちらには、”ココマイスター・ロンドンブライドル”のマークが刻印されています。

こちら、小銭を入れるスペース。

 

ロンドンブライドル・グラディアトゥールに、お札や小銭・カードを入れてみた

早速、”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”に、お札・小銭・カード類を入れてみました。

まずは、100万円を財布の中に入れてみました。

 

結構、余裕で入りますねー。

 

が、閉じようとすると少し窮屈かな?と思いました。

でも十分に100万円くらいは入るので、安心しました。

 

次に、小銭を入れてみました。

それなりに入りそうではありますが、100万円との同居は、これ以上小銭が増えると難しいかもしれません(笑)

 

カード類も入れてみました。

カードは、合計8つのポケットがありました。

 

「少ないかな?」とも思いましたが、最低限

  • 保険証
  • 免許証
  • クレジットカード
  • キャッシュカード

さえあればなんとかなるので、特に問題ないかなとも思います。

 

で、お札・小銭・カード類を全部入れた状態でファスナーを締めてみました。

100万円を入れると、少し”パーン”としている気がしますが、気になるほどでもないですね。

 

 

もう一人の相棒・”ナポレオンカーフ・アレッジドウォレット”と並べてみた

もう一人の相棒、”ナポレオンカーフ・アレッジドウォレット”とも並べてみました。

 

ほんの少しだけ、”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”の方が大きいですね。

 

重ねてみた(笑)

実際に手にとって見て気がついた、ロンドンブライドル・グラディアトゥールの特徴

で、実際に”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”が自宅に届いてみて初めて気がついた特徴も実はありました。

その特徴についても、お伝えさせて頂きます。

革の香りが独特…ロウの香り?

一番特徴的だと思ったのが、”ロンドンブライドル・グラディアトゥールを開封した時の、香り”ですね。

以前、ココマイスターの長財布”ナポレオンカーフ・アレッジドウォレット”を購入したときは、いかにも「革ッ!!」という香りがしたのですが、”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”は、全く別の香りでした。

どういう香りなのか?というと…一言で言えば「ロウ」の香りです。

この”ロンドンブライドルシリーズ”は、光沢を出すために表面に”ロウ”を塗っているみたいなのです。

おそらく、その香りがついているものと思います。

それでいて、その中に革らしい香りも残している。

非常に、印象的な香りだなーと思いました。

一つ一つの製品で、傷が違うということ

以前、店舗で”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”を手に取ったときは、こんな感じの傷でした。

ココマイスターの店舗で見た、ロンドンブライドルシリーズの長財布

 

しかし、今回届いたものは

この通り、ぜんぜん違う傷が付いています。

 

つまり、”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”は、世界でただ一つの、オンリーワンの財布ってことですね。

一つ一つ傷が違い、そしてこれからついていく傷もまた、人によって違ってくる。

なので、届いた段階でも、その後の使い方でも、オンリーワンの長財布になる。

面白いですよねー。同じ財布なのにここまで表情が違うなんて…。

これも、職人さんが一つ一つ、手作りしているからこそ出る味ですね。

ココマイスターの長財布・ロンドンブライドル・グラディアトゥールは、こんな人にオススメ

個人的に、「”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”はこういう人に似合うだろうなー」と思った人物像があります。それは…

30代のスーツをよく着る男性サラリーマン

それは、”30代以上の、スーツをよく着る男性サラリーマン”です。

ブルースネイビーの色合いもありますが、この色合はスーツにかなり似合う色です。

 

主張しすぎず、なおかつ取り出した時の大人っぽさも非常に出ている財布です。

なので、”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”は、大人な30代以上の男性サラリーマン向きかと考えております。

 

僕も、カッチリ決めたいときはこの”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”を持っていこうかなと。

逆に、革が傷つくこと・劣化することが嫌な人は、ココマイスターの財布はあいません

逆に…「財布が傷つくとか、劣化するとか絶対に嫌だ!買った状態・新品のままが良い!!」ということであれば、本革を使っているココマイスターの財布は不向きです。

 

ロンドンブライドルシリーズのみならず、ココマイスターの長財布は基本的に、

  • 傷つきやすい
  • 経年変化しやすい

のがウリであり、特徴なんです。これが、本革の”味”なんですよね。

 

なので、そもそも傷つくこと・経年変化することを恐れるのであれば、購入しないことをオススメいたします。

更に詳細に、ロンドンブライドルシリーズについて知りたいのであれば、以下の記事を参照

さらに詳しく、ロンドンブライドルシリーズについて知りたいということであれば、『ココマイスターで一番人気の財布”ロンドンブライドルシリーズ”の魅力に、財布と旅する社長が迫る!!』もぜひ参照してください。

ココマイスターで一番人気の財布”ロンドンブライドルシリーズ”の魅力に、財布と旅する社長が迫る!!

”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”を含め、ロンドンブライドルシリーズについてあれこれ触れております。

ロンドンブライドル・グラディアトゥール、強くおすすめいたします

ということで、いかがでしたでしょうか?

ロンドンブライドル・グラディアトゥールについての魅力がかなり伝わったかな?と思います。

もし、ご購入を検討しているということであれば、ぜひ以下のページより、ロンドンブライドル・グラディアトゥールの魅力に触れてみてください。

絶対に、買って後悔しない一品ですよ。

今後も様々なシーンでの利用をご提案させて頂きます。

また、僕はブログのタイトル通り、財布とともに色んな場所を旅しております。

なので、”ロンドンブライドル・グラディアトゥール”が似合うシーン等、他にも見つかる可能性があります。

本ブログにて、逐一、利用シーンとともにお知らせさせていただきますので、楽しみにしていてくださいね。

ロンドンブライドルシリーズは、大人気シリーズ。メルマガ登録をオススメします

ちなみに、ロンドンブライドルシリーズは超人気シリーズです。

なので、発売してからすぐに売り切れることもしばしば…。

ココマイスターの革製品は、職人さんが一つ一つ手作りなので…売り切れてしまったら、しばらく製造のため出品されません。

 

「製造されたらすぐにでも欲しい!」ということであれば、あらかじめココマイスターのメールマガジンに登録しておくことをオススメいたします。

ココマイスターのメールマガジンに登録しておくと、製造・販売前に、必ず情報を知らせてくれます。

ロンドンブライドル・グラディアトゥール 関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA