財布と旅する社長のブログとは?

革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』オリックス・バファローズ VS 福岡ソフトバンクホークス戦観戦記 in 京セラドーム大阪 その3(6回表〜試合終了まで)

財布と旅する社長です。続きいきまーす!試合終了までいくよー!

※前回の記事
https://prewallet.net/event/cocomeisterorixhawks2/

6回表〜試合終了まで

6回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃

6回表、ホークスはあっさり三者凡退。これは金子千尋、乗ってきたか?しかし球数はいよいよ100球を超える。キャッチボールが始まらないので、もしかしたら交代かもしれない。

6回裏:オリックス・バファローズの攻撃
先ほど好プレーの西野、ヒットで出塁。


再びバント処理でファンブルしてエラー。こういうつまらないミスからの失点はなんとか防ぎたい。

そして、得てしてこういうつまらないミスの後は大量点に繋がるのもの。


そして、ヒットとエラーで逆転を許す。しかもエラー3連発。今のホークスを象徴してるかのよう。プロのプレーを求む。


そしてさらに一点追加される。これで4−2。うーむ、球自体は悪くないだけに、3つのエラーが重なりもったいなすぎる。ちなみに自責点0なので、本当にミスで失った得点ですね。

6回裏終了時:オリックスバファローズ 4-2 福岡ソフトバンクホークス

7回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


ラッキーセブン、「いざゆけ若鷹軍団」。黄色いジェット風船があがる!こうしてみると、ホークスファンはかなり多いな。


7回表、オリックスのピッチャーは海田へ。やはり金子は6回で交代でしたか。100球を超えていたので仕方がないね。

海田は、サクサクとツーアウトを取る。明石もあっさりと三振。

ちなみに、東浜巨もピッチング練習していないので、この回で交代でしょう。

7回裏:オリックスバファローズの攻撃


オリックスバファローズのラッキーセブン。一塁側は、オリックスファンで埋め尽くされてます!ファンの数は互角くらいか?!


七回裏、ピッチャー五十嵐に交代。東浜巨は、エラー3つと本当にもったいないことをしましたねー。逆にオリックスは、エラーを確実に生かしたという形ですね。


七回裏、ホークスノーアウト満塁のピンチ。もはや後は、オリックスが何点取るのか?のゲームに変わりつつありますね。

西野、あわや満塁ホームランという打球を打つも、結局は三振。にしてもすごい打球だった。


伊藤光の場面で、ワンアウト満塁スリーボールノーストライク。これは大ピンチ。


伊藤光、ヒット性の当たりを打つもショート今宮ファインプレー!ホークスの守備でようやくプロらしいプレーを見ることができました。

五十嵐、ノーアウト満塁のピンチを作るもなんとか三振に切って取る。ワンサイドゲームになりそうなところをなんとか踏ん張りました。

まだまだいい試合が見れそうだー!

8回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


8回表、3番中村晃から。ホークスはここから下位打線に向かうので、この回を抑えればオリックスの勝利は濃厚。


中村晃、いい当たりを打つも、お返しと言わんばかりに、オリックスバファローズのショート安達のファインプレー!


劣勢の中、懸命に声を出すホークス応援団。その声に応えるかのように長谷川が、ヒットで出塁。6番松田宣浩にホームランが出れば同点というところで、なんと抑えのエース平野が登場!


オリックスも、首位ホークス3連勝に向けて、盤石のピッチャーできましたね。


しかし、松田宣浩ヒットで出塁。そして、福田秀平のタイムリーヒットで一点差!さあ分からなくなってきた!


そして、このチャンスに、ピンチヒッター吉村。


平行カウント(2ボール2ストライク)


このピンチ、渾身のストレートで平野佳寿が、乗り切る!後ろから見てもとんでもないところに外れたボールだったけど、気迫が勝った印象。

しかし、同時にホークスは上位打線に繋がる可能性を残したので、チャンスは続いていると考えていいでしょう。

8回裏:オリックス・バファローズの攻撃


変わったスアレス、150kmを超えるストレートを連発し三者凡退。さすがにこの距離で見る150kmのストレートは半端じゃない!そのストレートをご覧いただこう!

8回裏終了時:オリックスバファローズ 4-3 福岡ソフトバンクホークス

9回表:福岡ソフトバンクホークスの攻撃


バッター鶴岡に変わり、城所。交流戦MVPの力をここで見せて欲しい!っかしー、何の抵抗もなく三振。やはり交流戦MVPはマグレだったのか?

ホークス応援団、チャンスじゃないけどチャンステーマでホークス。鼓舞する。ある意味、ホークスに対する抗議というか、「お前らシャキッとせんかい!」というメッセージに聞こえる。


明石三振で試合終了!

結果と総括

オリックスバファローズ 4-3 福岡ソフトバンクホークス

という結果となりました。ホークスは力なく5連敗。これはペナントレースに暗雲立ち込めるというか、完全に面白くなってきた展開ですな。

対して、オリックスバファローズは首位ホークスをサンタテ!正直この結果には、オリックスファン自身がびっくりしたのでは?

ちなみに、僕は大方の予想通りのオリックスバファローズ勝利でした。お互いの調子を見るとら結果は歴然としてましたよね。

ただ、最後の最後にいいところを見せてくれただけ、少しは光明があるかなと思います。まだまだ長いペナントレース、盛り上げて欲しいです!


本日のヒーローは、逆転2点タイムリーの安達選手。

総括(試合編)

img_0528

今日の試合の総括ですが、ホークスが自滅したという形で、オリックスバファローズが勝利しました。なんたって4エラーですからね…。バント処理のミスを2回も起こしていますし、今日は負けるべくして負けた展開です。

明らかに首位 VS 5位 の試合ではないよね…。むしろ逆の展開になるのが普通のはずなのに。

今のホークスは、そのくらい弱い。今、12球団で一番弱い球団といっても過言ではないでしょう。非常に悲しいことに、全て戦前の予想通りになってしまいました。
https://prewallet.net/event/post-586/
 

対するオリックスは、首位ホークス相手にまさかの三タテ!大金星ですな。

オリックスは特に、投手陣の踏ん張りが光りました。8回裏で登板した抑えのエース・平野佳寿は、打たれこそしたものの9回表は圧巻のピッチング。全く寄せ付けないピッチングでした。

バックネット裏から見ていると、スアレスが152km~155km、平野佳寿は146~150kmという感じでしたが、体感的に平野佳寿のほうが早く感じました。平野佳寿のストレートは、キレが素晴らしいのかな?

総括(革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』)

また、これだとただのプロ野球ファンになってしまうので…ココマイスターのファンとしても書かせていただきます!

革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』と銘打った今回の試合ですが、おかげさまで久々の野球観戦を楽しませていただきました!

特製パンフレットや、オリジナル今治タオルを頂いたりと、至れり尽くせりでした!

革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』 革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』 革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』

無料ビール券ももらったんだけど、僕飲めないのですよね…(笑)

ここは、ソフトドリンク券があったら嬉しかったなーと思います。

あと、ココマイスターの林社長すごいですね!始球式も見ましたけど、なんですかあのストレートは!結構早かったですよ。球場で流れていた映像によると、林社長は野球経験があったみたいですねー。でも、結構練習されたのでは?

革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』

ただ一つ。”革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』では、”革の魅力が伝えきれていなかったのかなーと思います。

もしかしたら予算的に難しかったのかもしれませんが、どこかで革に触れ合えるスペースがあったり、パンプレットに革の一部を入れておくだけでも、随分革の魅力が伝わったのではないかなーと思います。

後は、ココマイスター特注のグローブを作ったり、とかね。ココマイスターの革で作ったグローブとか、なかなか燃えますよ僕は(笑)それに、自然と野球ファンに触れてもらえますしね。

ココマイスターの革の魅力は、見るだけでは伝わらないと思っています。実際に触ってこそ、その革の質に圧倒される。僕がそうでしたから。

ココマイスターのファンだからこそ、そしてこのタイミングだからこそ、多くの来場者に、ココマイスターの革の魅力に実際に触れてほしいと思ってました。

次回イベント開催時はぜひぜひ、ココマイスターの革に触れ合える機会を作って欲しいと思います。お願いしますよ!!!

今回観戦・もしくはこの記事を見て、ココマイスターのことを知ったあなたへ

そして、今回観戦した人、もしくはこの記事を見て”ココマイスター”のことを知ったあなたにお伝えいしたことがあります。

それは、ぜひ、国産革製品ブランド”ココマイスター”のサイトを見て、ココマイスターの魅力や、こだわりに触れてほしいと思っています。



⇒ 国産革製品ブランド”ココマイスター”のサイトはこちら

革のオールスター『ココマイスタースペシャルゲーム』で伝わりきれなかったことも、ココマイスターのサイトを見れば色々と結びつくのではないかなと。そして、僕が初めて、ココマイスターの革に触れた時の感動を、多くの人にも味わって欲しいと思っています。

※初めて国産革製品”ココマイスター”の製品に触れた時の話はこちらでやっております。
https://prewallet.net/profile/whatscocomesiter/
多くの人が、ブランドに惑わされず、本物の革製品を持つ日が来ることを願って、この記事を終了とさせていただきます。

ココマイスターさん、素晴らしい試合を本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です