財布と旅する社長のブログとは?

ココマイスター大阪心斎橋店で、ココマイスターの魅力を再確認してきました(道順付き)

財布と旅する社長です。

革のオールスター『ココマイスター』スペシャルゲームの観戦のため、大阪に来ております。

※試合の様子はこちら
https://prewallet.net/event/cocomeisterorixhawks3/

 

で、当日頂いたオリックス×ココマイスターコラボカタログを見ていると、なんと”ココマイスター大阪心斎橋店”があるではないか!しかも、今この記事を書いているのは心斎橋のホテルである。

ということで、行ってきましたよ”ココマイスター大阪心斎橋店”。

ココマイスター大阪心斎橋店への道順(写真付き)

ココマイスターの公式ページにも、ココマイスター大阪心斎橋店への道順が書かれていますが、写真付きで紹介されていなかったので、写真付きで道順をご紹介します。

まずは、御堂筋線心斎橋駅の3番出口から地上に出ます。多分、目の前には大丸が見えるはずです。で、そのまま左を向いてください。

カルティエが見えますね。その道をまっすぐ進んでください。カルティエ側の歩道にわたらなくてもOKです。そのまま真っすぐ。

こんな風景になっていると思います。そのまま脇目もふらずまっすぐ進む。目指すは、”南船場3北”交差点。

さあ見えてきました、”南船場3北”。公式ページに目印として書かれている”ハリーウィンストン”も向こう側に見えます。でも、ハリーウィンストン側に渡っちゃダメ!

”ハリーウィンストン”の向かいに、かの有名なテスラモーターカーのお店があります。日本にテスラの店舗があるのは知らなかった…。テスラを過ぎたところにある”タイムズカーシェア”の看板のところを左に曲がってください。

ファミリーマートが見えたら間違いなくそこです。後はファミリーマートを通りすぎてもうちょいまっすぐ行くと、”ココマイスター大阪心斎橋店”に到着です。

早速店舗に入ってみると、ココマイスター大阪心斎橋店の店員・長谷川さんに声をかけられたので色々聞いてみた

※店内撮影禁止のため、店内写真はありません。あしからず。

で、店舗に入ると、女性店員さんがお二人いらっしゃいました。そして、人見知りの引っ込み思案な僕は、店員さんに声をかけられるはずもなく店内を見まわっていると…

「あれ、もしかしてこのバッグ…マットーネですか?!」

ココマイスター ビジネスバッグ マットーネ・アルヴィート ビジネスでもカジュアルでも使えるバッグ

わざとらしく見せて声をかけられるのを待っていたら そう声をかけられました。長谷川さんという女性店員さんです。非常に可愛らしいというか…かわいいです(笑)

 

「いやー、実はそうなんですよー。そういえば昨日の”革のオールスター『ココマイスター』スペシャルゲーム”も行きましたよー」

「えーそうなんですねー!私も会場にいましたよー。勝って本当に良かったですねー!」

「あ、あははーそうですねー(実はホークスファンなんですが)勝って良かったです^^」

 

なんて感じで話し始めることが出来、そこから、色々と長谷川さんにお話を聞くことが出来ました。興味深い話もいろいろ聞けたので、シェアさせていただこうと思います!

ココマイスターの店舗は、お店によって雰囲気が違う

ココマイスターの店舗は、お店によって雰囲気がぜんぜん違うというお話でした。

例えば、ココマイスター大阪心斎橋店(クリックして店舗を見る)は濃い茶色を基調とした、シックな作り。大人の男性が好む、カッコいい色合いですよね。

 

それに対して、ココマイスター銀座一丁目店(クリックして店舗を見る)は、白を基調とした爽やかな作りとなっています。

ココマイスター自由が丘店(クリックして店舗を見る)は、自由が丘の街の雰囲気に合わせて、西洋風の作りになっていたり…

店舗によって、こんなにも色んな表情を使い分けているんだなーと関心しました。財布だけではなく、店舗も本当にこだわっていますねー。

お店によって置いているものが違う。カバン専門店もある

また、お店によって置いているものも違うとのことでした。

ココマイスター大阪心斎橋店(クリックして店舗を見る)は、シックな作りに合わせてか、置いているのは基本的にシックでカッコいい財布がメイン。濃い色が全体的に多かったですね。

 

ココマイスター自由が丘店(クリックして店舗を見る)と、ココマイスター神戸店(クリックして店舗を見る)には、ココマイスターの女性用シリーズ(ココデュラン)が置いている。

 

そして、ココマイスター銀座並木通店(クリックして店舗を見る)は、他の店舗とは全く異なり、財布はおいておらず、カバン専門のお店とのことでした。

 

そのため、ココマイスターの女性用シリーズ(ココデュラン)を実際に見たいのであれば、自由が丘店か、神戸店へ。

ココマイスターのカバンを見たいのであれば、銀座並木通店へ、という感じで、店舗によって用途を使い分けることが出来ますね。

店舗で先行して販売し、後でネットに出回るものが多い

これが結構驚きだったのですが、実は店舗には、まだココマイスターのサイトには出回っていない製品も出回っていることも多いとのこと。

実店舗で先行して販売し、後日ココマイスターのサイトで販売するという形を取っているようです。なので、店舗に行くとこれまで見当たらなかった製品を、先行して見ることが出来るかもしれません…。

Webでは売り切れているが、店舗には置いてある場合も

ココマイスターのサイトを確認すると、”職人製造中”という表示があり、注文できないことが多いです。かくいう僕も、”職人製造中”により欲しくても手に入らなかった製品は実は結構あります。

しかし、ココマイスターのサイトでは売り切れていても、店舗には少数ですが置いている場合があるそうです。これもまた朗報ですね。どうしても欲しいものが有るのであれば、一度店舗に行くのが良いかもしれません。

革の傷は直せないものが多いが、傷もまた味

tagcafe ココマイスター・ナポレオンカーフアシッドウォレット

上記の写真のように、僕が持っているココマイスターの長財布”ナポレオンカーフ・アレッジドウォレット”の一部が少し黒ずんでいますよね。

この部分、水をこぼしてしまって、慌てて拭いたらこうなってしまったんです。他の部分とはまた違った触り心地で、ツルツルとします。これはコレでいいのですが…一部だけというのが、見た目的にあれだなーと思っていました。

 

で、長谷川さんに「これって修理できないんですか?」と聞いた所、「これは修理できないですねー」という返答でした。やはりそうかーーー!!!一部だけ修理ってことは出来ないみたいですね。

 

でも、「こうした傷が、革の魅力だと思うんです。使い込めば使い込むほど、人によって違った表情を見せるのが、ナポレオンカーフの魅力ですよね」と言われ、ああ確かにそうだなと。

 

使い込めば使い込むほど、本当に全然違う顔を見せてくれるので、人と同じものを持ちたくない僕としてやっぱり最高の製品だなーって思っています。

 

また、「いずれ他の部分も経年変化でツルツルした手触りになるので、追いついてきますよ」とのこと。なるほどねえー。長谷川さん、びっくりするくらい製品に精通していて素晴らしいなーって思いました。

ココマイスターの魅力を、世の中に発信することが僕の使命だなと思った

っということで、色々とココマイスター大阪心斎橋店の店員・長谷川さんに聞いてしまいました。お忙しい中、お相手してくださりありがとうございました!

 

何も購入しなかったにも関わらず、玄関までお見送りしてくださり、本当にいたれりつくせりといった所。こうした姿勢を世の中に発信し、ココマイスターの魅力をより多くの人に伝えることが僕の使命だなと、思いました。

わざわざ出向いて良かったです。本当にありがとうございました!!!

リンク ココマイスター・大阪心斎橋店の詳細を見る

ココマイスター・店舗関連の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です