財布と旅する社長のブログとは?

熱海の海と魚介とココマイスターの長財布

densukesumbnail

財布と旅する社長です。『財布と旅する社長 in 熱海』シリーズ、引き続きお送りします。

2016/4/2~3 の熱海旅行は、以下の記事にも公開しています。

https://prewallet.net/travel/atami/

https://prewallet.net/travel/resonareatami20160402/

本日のお供も、『ココマイスター』のナポレオンカーフ・アレッジドウォレット


旅行最終日の本日は、熱海で食べた海鮮料理とともに。『星野リゾート リゾナーレ熱海』を、無料シャトルバスで12:20に出発。いやあ、しかし名残惜しいなあ…。

 

そして、熱海駅についたら早速向かったのが、『でん助茶屋』というお店。

海沿いにあり景色もよく、そして海鮮料理が食べたい!とのことでこちらを選びました。

注文したのは、”荒磯定食(2,600円)”と、”生しらす(550円)”。

財布と旅する社長 でん助茶屋

こちらが”荒磯定食(2,600円)”。どのお魚も本当に美味しかったのですが、一番食べて欲しいのが甘エビ。この甘エビ、僕の中での甘エビの常識をひっくり返してくれました…。

甘エビって、そもそもそんなに好きじゃないんです。口の中に残る感じが気持ち悪いし、味も好きじゃないし…。でも、この甘エビは、食感もプリっとしていて、さっと口の中で溶ける感じの甘エビでした。こんな甘エビあったんだ…本当に美味い。

 

 

財布と旅する社長 でん助茶屋

そして、こちらが”生しらす(550円)”。苦味があり、大人の味って感じです。まだ味覚が子供なのかな…(笑)

しかし、海鮮として非常にレベルも高く、本当に美味しいお店でした。他にも”活きアジフライ”が有名とのことで、揚げ物食べられる人はぜひ行ってみてください。様子を見ていたのですが、どうやらいけすから採れたてのアジをその場でさばいてフライにするみたいです。その名の通り、”活きアジ”ですね。

ということで、たっぷり堪能しつつ、『でん助茶屋』を後にしました。美味しいお魚を食べたい人はぜひ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください